【grocery通信】手のひらサイズの小さなりんご シナノピッコロ

【grocery通信】りんご

こんばんは!最近は夜が涼しい日が多く、
段々と秋に近づいてきているなあと感じます🍂

第26回grocery通信では
「りんご」をご紹介します!

子供から大人まで好きなりんご、当たり前にある果物の一つですが平安時代は今とは違うりんごでした。

平安時代に中国から入ってきた当初のりんごは、小さい「和りんご」という観賞用だったそうで、
現在栽培されている「西洋りんご」とは異なるものでした。

「和りんご」は小ぶりで酸味が強く、江戸時代にはお菓子として食べられていたそうです!
それくらい江戸時代は甘いものが無かったのですね。

「和りんご」は「西洋リンゴ」が明治時代に導入されてからは徐々に少なくなり、今ではほとんど作られていません。

そんな歴史があるりんご、今では日本だけでも約2000種類あると言われています。

しかし、りんごの新品種はそう簡単にできるものではなく、とてつもなく長い時間と根気がいる作業を繰り返した末に誕生します。
要する時間はなんと20年以上かかる場合もあるとか…
普段何気なく食べているりんごはそんな苦労の末にできたものなのですね

また、りんごには「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあるそうで、
食物繊維やカリウムなどの多くの栄養価が含まれています!

食物繊維やカリウムには動脈硬化・高血圧・糖尿病・大腸がん・など生活習慣病の予防に効果的です。
この食物繊維はりんごの皮に多く含まれているので皮ごと食べるのがおすすめです!

そんな隠れた才能を持つりんご。
THE MARKET groceryでは扇屋農園(長野)からのりんごが届きます!
今だと、パリッとした食感が特徴のシナノピッコロという品種がございます!


おすすめの食べ方

りんごは料理にもアレンジできます!
グラタンやサラダ、肉巻きやカレーなど…
またりんごには「リンゴ酸」というお肉を柔らかくする成分があり、
お肉と相性抜群の食材!すりおろして漬け込んだりりんごを使ったタレに揉み込んだりするのがおすすめです。


是非いろんな品種を食べ比べしてみてくださいね!🍎

サブスク価格:お米・お野菜・フルーツはいつでも20%オフ
(店頭にてサブスク登録画面またはサブスクカードをご提示下さい)
お得なサブスクについてはこちら>>
お取り置きご希望の方はLINEにてお問い合わせください
LINEより問い合わせ>>